藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

米沢興譲館高校校長挨拶

  同窓会の皆様には、日頃、母校の教育活動に深いご理解と多大なるご支援を賜り、心から厚く御礼を申し上げます。この四月に横戸隆校長の後任として小国高校より着任しました柿ア悦子です。本校には平成十六年より勤め、教頭としても同窓会の皆様にはお世話になりました。この春三度目の赴任となり、生徒と共に過ごした年月を振り返り懐かしさを感じながらも、校長として、輝かしい歴史と伝統を誇る米沢興譲館高校に奉職することに責任の重さを感じております。精一杯務めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 今年は、206名の新入生を迎え新年度がスタートしました。生徒たちは、受け継がれてきた「興譲の精神」の下、日々の授業を第一に、部活動や自治会活動に一生懸命に取り組んでいます。現在スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業が三期目となり、「いのちを尊び、新たな価値創造の志を持ち挑戦する生徒」として、若者らしく「未来を語り」、自身の持つ様々な能力を磨き上げて、他と協働する人間性豊かで「未来を拓く」力を具備するリーダーとなるよう教育活動を展開しております。
 
 本校を含む県内三校に設置された「探究科」も二年目を迎えます。普通科、理数科、国際科の三学科を備える学校として、それらの学科の目標に沿って、SSH事業や学校設定科目、普通科目等を有機的に結び付けて、全生徒が高い志を持ち、その進路希望を実現できるようなキャリア教育を推進しております。また、現在進行している教育改革にスピード感を持って対応するために、教員も学習指導方法や評価等についての研鑽に励んでいます。
 
 職員一同、連綿と続く興譲館の不易を確認しつつ、進取の気概を持って生徒育成に励んでまいりますので、皆様にはこれまで同様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。興譲館同窓会の益々のご隆盛と、会員の皆様のご健勝とご活躍を心からご祈念申し上げます。 (同窓会報48号より)

米沢興譲館高等学校校長 柿ア 悦子