藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share

悩める若者へ変われるよ・米沢「With優」自立の事例集作成・白石祥和さん(H12卒)
(2018年4月17日山形新聞より)


事例集を手にする白石祥和代表(H12卒)

 不登校や引きこもり、就労に悩む若者の支援などに取り組むNPO法人「With優」(米沢市・白石祥和代表・H12卒)は、運営する会員制居酒屋「結(ゆい)」での訓練を経て、自立した若者の事例集を作成した。白石代表は「多くの人に若者の挑戦の姿を知ってもらうとともに、同じ境遇の若者にとっての希望になればうれしい」と話している。

 居酒屋で就労 挑戦つづる 

 With優は2007年に任意団体として発足。学校に行けない子どもたちの居場所となるフリースクールを立ち上げた。10年には若者の就労支援窓口となる置賜若者サポートステーションを開設。支援する中で、行政に頼らず地域と関わりながら実践的な訓練の場をつくろうと、企業から寄付金を集め13年に結をオープンさせた。

 結は趣旨に賛同する客による会員制で、4月現在の会員数は4300人を超えた。地域の人たちに見守られながら、結での訓練を通し社会に巣立った若者は42人になった。一方、利用客が若者と関わるのは居酒屋を利用するひとときのみ。踏み込んだ話をする場面はほとんどない。

 「なぜ地域の若者が引きこもったり、孤立したりするのか。そしてどう頑張っているのか。本人たちの言葉で伝えたかった」と、白石代表は事例集制作の意義を語る。

 事例集では就労した10人が経験を紹介。思い悩んだ日々、結で働く中で変わっていく自分、チャレンジするきっかけ、就労を目指す若者へのメッセージなどをそれぞれが飾らない言葉でつづっている。


結で接客する粟野百花さん。はじける笑顔が印象的だ=米沢市

 With優の非常勤職員で、結の看板娘として働く粟野百花さん(23)は「結のメンバーやお客さんと接する中で、人の温かさを知り、素直になれた」と笑顔で振り返った。白石代表は「これをきっかけに支援の輪が広がることを期待したい」と話した。

 事例集は公益財団法人倶進会(東京)の助成を受け2千部製作。支援者に贈るほか、結に置いている。

失敗しても挑戦・米沢中央高生にNPO代表エール・白石祥和さん(2018年1月19日山形新聞)
さまざまな体験通し教育 白石祥和さん・森健太郎さん (2009年6月8日山形新聞)