藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share

太田六段全勝、8連覇・県地区対抗囲碁
(2018年3月19日山形新聞より)


8連覇を達成した太田尚吾六段(中央・H18卒)と準優勝の舩山悠介五段(右)、3位の斎藤欣也六段(左)
=米沢市・小野川温泉「旭屋」

 第59回県地区対抗囲碁大会(主催・山形新聞、山形放送、後援・日本棋院支部連合会)は最終日の18日、米沢市の小野川温泉「旭屋」で4、5回戦を行った。太田尚吾六段(山形市・H18卒)が5戦全勝で8連覇を果たし、11度目の頂点に立った。準優勝は舩山悠介五段(高畠町)、3位は斎藤欣也六段(酒田市)だった。

 初日3連勝の太田六段と舩山五段は、ともに4回戦を安定した戦いで勝利。全勝同士の二人がぶつかる5回戦が事実上の決勝戦となった。立ち上がりから接近戦を繰り広げる中、太田六段が中央に厚みをつくる立ち回りで優勢となり、そのまま押し切った。

 閉会式では、審判長の安田道隆同連合会米沢支部副支部長が太田六段に優勝杯、舩山五段と斎藤六段に記念の盾などを贈呈。「熱線とひとくくりにするのがもったいないほど、どれもが真剣な戦いだったそれぞれが地区に戻り、さらなる戦力アップに励んでほしい」と呼びかけた。

 自らの同大会連続優勝記録を更新する8連覇を遂げた太田六段は「重圧はあったが、一手一手を大事に集中力を切らさずやりきることができた」と安堵の表情を浮かべ、充実感を口にした。

太田尚吾六段7連覇・県囲碁大会(2017年5月22日山形新聞)
太田尚吾六段7連覇・県地区対抗囲碁・5戦全勝、記録更新(2017年3月20日山形新聞)
太田尚吾六段が6連覇・県囲碁大会(2016年5月16日山形新聞)
県地区対抗囲碁大会で最多の6連覇達成・太田尚吾さん(2016年3月14日山形新聞)
第58回東北六県囲碁大会個人の大将戦優勝 太田尚吾さん(2013年7月1日山形新聞)
向上心持ち 最善を追求 県囲碁大会連覇・アマチュア期待の星 太田尚吾さん(2013年3月31日山形新聞)
県地区対抗囲碁・太田六段2連覇(2012年3月19日山形新聞)
県地区対抗囲碁・太田六段が優勝(2011年10月24日山形新聞)