藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share

ペーパークラフトと写真で感じる「昭和」・米沢・中村隆行さん(S50卒) 
(2017年5月26日山形新聞より)


ペーパークラフト作家・中村隆行さん(60・S50卒)

 ペーパークラフトと写真で昭和をたどる展示会「昭和の息吹」が米沢市の座の文化伝承館「蔵」で開かれている。暮らしや子どもたちの様子など時代の表情を切り取った昔懐かしい作品が並んでいる。

 ペーパークラフト作家中村隆行さん(60・S50卒)=同市木場町=と、同市の写真家小貫幸太郎さん(1914〜2008年)の作品計50点を展示。田植え風景の写真の前には、弁当を持って手を振る母親と子どもたちのペーパークラフトがおかれ、昼休みを告げる一場面を、異なる分野の作品を連動させて楽しむことができる。

 紙芝居に夢中で見入る子どもたちやお堀での魚釣りなど、中村さんのモチーフの多くは子どもの頃の原風景。膝に塗った傷薬「赤チン」や丸刈りの「十円はげ」なども細かく描写され、それぞれが生き生きとした表情を浮かべる。訪れた人は「便利じゃなかったけど楽しかったな」「赤チンはあの時代の勲章だったね」などと昔話に花を咲かせながらじっくりと見入っていた。6月5日まで。

紙細工と切り絵2人のコラボ展・中村隆行さん(2016年5月4日山形新聞)
紙工芸、懐かしの風景・米沢で展示会(2013年4月23日山形新聞)