藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share

地域医療発展に貢献・日下部明さん(S31卒)たたえる 瑞宝小綬章受賞祝賀会
(2016年9月12日山形新聞より)


日下部明さん(79・S31卒)

 今春の叙勲で瑞宝小綬章を受けた元米沢市立病院長の日下部明さん(79・S31卒)=同市城南2丁目=の受賞祝賀会が11日、同市のグランドホクヨウで開かれ、行政や病院関係者ら約100人がこれまでの功績をたたえた。
 発起人を代表し、渡辺孝男病院長が「病院の礎を築き、地域医療の発展に尽くされた」とあいさつ。中川勝市長や市医師会の小林正義会長らが祝辞を述べた。日下部さんは「周囲の理解と協力があっての受賞。今後は『一生精進する』と言うべきだが、年も年なので老害を振りまかないよう注意して生きたい」と冗談を交えて謝辞を述べ、会場を沸かせた。
 日下部さんは1986(昭和61)年8月、同病院に入職し、病院長や名誉院長を歴任。退職後は県立保健医療大(山形市)の学長や理事長、名誉教授も務めた。

9月3日山形新聞