藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share

お店が教室 講師は社長ら 42講座「まちゼミ」開催中 米沢 (2012年10月27日山形新聞)

井上茂さん
日本茶の美味しい淹れ方を教える井上茂さん(S48卒)=米沢市・茶蔵米沢店

 米沢市の商店が専門的な知識を生かして各店舗で開講するミニ講座「まちなかゼミナール(まちゼミ)」が市内で開かれている。25店舗が参加し、店員らが肌のマッサージ講習や料理教室、小物作りなど、身近で役立つ42講座を開いている。
 まちゼミは愛知県岡崎市が発祥で、取り組みは全国に広がっている。米沢市では、商店街の店舗に気軽に足を踏み入れてもらい、各店のファンになってもらおうと、米沢商工会議所が2011年に東北で初めて開催した。3回目の今回は今月5日にスタートし、来月20日まで実施する。
 講座は健康・料理・美容・趣味・暮らしの5種類。化粧品店の「疲れた肌がよみがえる マッサージ講習」、米沢織の織元による「織元の知恵袋 聞きたかった風呂敷あれこれ編」など魅力的な講座が並ぶ。
 まちゼミの帰りに、別の店舗に立ち寄ってもらおうと、今回初めて受講者に、13店で利用できる「まちゼミクーポン」を配布。割引やサービスなどの特典が受けられる。
 講座の一つ「日本茶の美味しい淹れ方と楽しみ方」が23日、茶蔵米沢店で開かれた。市内の女性3人が受講し、同店をプロデュースする桑名園本店の井上茂社長(S48卒)が講師を務めた。井上社長は「おいしいお茶を淹れるには、葉の量、湯の温度、抽出時間の3つが大事だ」などと説明。3人はメモを取りながら話を聞いていた。
 受講は無料だが、材料費がかかる講座もある。受講日の4日前までに各店に申し込む。講座内容は市商店街連盟のホームページ(http://www.yomezawa-shop.com/)で確認できる。問い合わせは米沢商工会議所中小企業振興部0238(21)5111。

10月27日山形新聞