藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share

元県警桐生さん(S55卒)が犯罪心理学を解説 県立産業短大 (2012年10月25日山形新聞)

桐生正幸さん
犯罪心理学の講演をする桐生正幸さん(S55卒)=山形市・県立産業短大

 県立産業技術短大の公開講座が24日、同大で行われ、犯罪心理学者で県警科学捜査研究所(科捜研)元研究官の桐生正幸さん(52・S55卒)が「犯罪心理学の最先端−犯罪者プロファイリングの現在−」と題して講演した。
 桐生さんは本県出身で、県警科捜研に勤務し、心理学による鑑定などを担当。現在は兵庫県の関西国際大の教授で、テレビなどにも出演している。講演では、ドラマの監修や報道番組での解説など、テレビの仕事のほか、心理学を活用した科学捜査について受講者の席を回り、ユーモアを交えながら話した。
 ポリグラフ検査については「うそを発見するのではなく、容疑者らに事件に関する記憶があるかを調べるもの。冤罪(えんざい)防止にも役立っている」と説明。連続放火殺人などの捜査では地図上に発生場所を記し、犯人の居住地を絞り込んでいくプロファイリングの手法が活用されていることなどを紹介した。同大の学生200人のほか、一般の人などが受講した。

犯罪心理学の桐生教授講演(2011年9月29日山形新聞)

10月25日山形新聞