藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share
平成27年卒業生興譲館同窓会入会式      (平成27年2月27日)


学年理事委嘱状交付式の風景

  平成27年2月27日午前9時より講堂にて米沢興譲館同窓会入会式が行われた。鈴木基常任理事の司会進行のもと、早川正信副会長の開会の挨拶があった。
 次に大友恒則会長から「興譲館は2万有余の卒業生を輩出している。君たちは卒業と同時に自分自身で判断したり、確認したり、約束したり、一人の社会人としての扱いを受けることになる。校歌の2番3番の歌詞を噛みしめてほしい。成人社会の一歩を踏み出すにあたり、同窓会からの卒業記念品として印鑑を贈呈する。しっかりとした人生を送ってほしい。また母校の発展に尽くしてほしい。同窓会への入会を歓迎する。」と挨拶があった。
 続いて早川副会長から同窓会の説明があった。同窓会規約、会報等の説明後、「同窓会は、同窓生の親睦、母校への支援という仕事がある。君たちは今まで故郷を共有し生活している。4月からは離郷し、それぞれの場で生活することになる。故郷に戻らなくなる人が多い。異郷で生活すると望郷の念を持つことになる。人間は記憶によって生きていく。元は故郷にある。望郷の念は日々成長する。これを受け止めてくれるのが同窓会である。各地に支部があり君たちを待っている。校歌の「業につき努めをなせり」、多くの先輩たちが偉大な業績を残しているのを目の当たりにすると思う。伝統の現れである。近くの支部に連絡をとってほしい。先輩はいろいろな職についているのでアドバイスをもらえるはずだ。また27年卒として友情を大切にしてほしい。学年理事を委嘱された方は学年代表としてリーダーシップを発揮してほしい。」と述べた。
 その後大友会長より大河原千聖さんに記念品(印鑑セット)が授与され、新入会員代表舩山涼雅君から「同窓会による部活動支援、同窓生と語る会など学生生活を豊かに過ごすことができた。同窓会に感謝し、今後絆を大切にし、後輩を支援していきたい。」と挨拶があった。
 鈴木常任理事より「10年間、同窓会会費は免除される。10年後から学年として会費を納めることなり、また同窓会大懇親会の担当幹事学年になる。6学年で運営することになる。同窓会では平成27年卒の学年として取り扱われる。個々に連絡を取り合い、絆を大切にしてほしい。望郷の念に駆られたら是非同窓会のホームページを見てほしい。」と説明があった。続いて学年理事に委嘱状が交付された。

  • 平成27年卒 学年理事
    • 1組  奥山雄基   奥村鈴音
    • 2組  新野健太朗  小林千紗
    • 3組  舩山涼雅   渡部瑞
    • 4組  市川広樹   出川鈴穂
    • 5組  大河原千聖  我妻裕哉

 遠藤岩根常務理事の閉会の挨拶で終了した。
 毎年、秋に開催される同窓会・懇親会の幹事学年に、一昨年より卒業10年の学年が加わることになりました。10年後、皆さんも幹事学年として活動して頂きます。平成27年卒の学年の絆を大切にして頑張ってください。
 あらためて、米沢興譲館高等学校卒業おめでとうございます。そして、米沢興譲館同窓会入会おめでとうございます。今後とも宜しく御願い致します。


 また学年の同窓会が開催されるときは是非、記事、写真等を同窓会HP運営委員会へお送りください。

常任理事 鈴木 基 記

司会進行
同窓会入会式
同窓会役員席
同窓会役員席
学校校長・教頭・事務長
学校校長・教頭・事務長
記念品授与
記念品授与
学年理事の委嘱
学年理事の委嘱
開会の挨拶
開会のあいさつ:早川正信副会長
同窓会の説明
入会歓迎の挨拶:大友会長
同窓会の説明
同窓会の説明:早川正信副会長
新入会員代表挨拶
新入会員代表あいさつ
閉会の挨拶
閉会の挨拶:遠藤岩根常務理事