藩校興譲館、米沢中学、米沢一高、米沢西高、米沢興譲館高と続く米沢興譲館同窓会公式サイト

ホームページロゴ

Share
平成24年米沢興譲館同窓会理事会

学年理事会

  平成24年8月4日(土)午後1時30分より米沢興譲館高等学校本館多目的教室において平成24年度米沢興譲館同窓会理事会が開催された。
 小林擴二副会長(S36卒)の司会進行のもと早川正信副会長(S33卒)の開会のあいさつ、大友恒則会長(S35卒)の会長あいさつがあった。関西、東京支部など5支部の総会に出席したが各支部とも盛会であったこと、母校所管の公益財団法人自頼奨学財団から奨学金給付原資寄付の依頼があったこと等の報告があった。
 続いて議長に齋籐栄助君(S38卒)を選出し協議に入った。

  1. 平成23年度事業・庶務報告 鈴木基常任理事(S49卒)
    • 平成22年9月1日から平成23年8月までの会務報告があった。今年も7月に若手学年理事と語る会を企画したが参加学年がなかった。
  2. 平成23年度収支状況中間報告  小嶋彌左衛門常任理事(S42卒)
  3. 平成24年度事業計画    小野隆夫常任理事 (S34卒)
    1. 母校の振興と発展に関すること
    2. 会員相互の親睦を深めること
    3. 会報の発刊
    4. その他、目的達成に必要な事項
    • 今年は9/14の同窓会総会当日午後3時より支部長会を開催する
    • 質疑に移り、古山俊昭理事(S43卒)から会費徴収についての考え方等の質問があった。執行部より確認事項としてH17年以降の会費は納める義務があること、会費額は妥当であると考えていること、人件費の内訳は事務職員の給料で同窓会、体文後援会、教育振興会で按分していること等の説明があった。
  4. 同窓会総会・懇親会当番学年からのご案内 
    • 加藤渉副実行委員長(S52卒) 相田晃輔副実行委員長(S56卒)より挨拶があった。  
    • 実行委員学年 S52,S56,S61,H4,H9の5学年
  5. その他
    • 早川副会長より
      1. 在校生に同窓会を身近なものと感じてもらうため創立記念日に記念品を配布する
      2. 学年の垣根を越えて親睦を深めるため理事会終了後に懇親の場を設ける の2案がだされた。
    • 会場からは先輩後輩の繋がりを強くするには必要という肯定的な意見ともう少し他の対応を考えた方が良いなどの意見があった。
    • 若手の会員の参加を促すには青柳忠良理事(S25卒)の「学校や同窓会への愛着は教育のあり方で在学時に面白く過ごしたかによる」、安田幸夫理事(S31卒)の「先生と同窓会が一緒になって良い思い出を作ることが大切である」という言葉が印象的だった。
    • 鈴木常任理事より若い会員の同窓会への関心を高めるため同窓会懇親会実施要項を変更し担当学年を卒後10年の一学年を増やす案が出され、多くの理事より賛同を得た。

 再度、案を検討し総会に諮る予定でいる。 以上について協議し総会に諮ることになった。
 中條淳子副会長(S38卒)の閉会のあいさつで終了した。

鈴木 基 記

司会進行:小林副会長
座長を務める齋籐栄助君
大友会長の挨拶
開会の挨拶:早川副会長
役員
役員